ゆ~っくり気長に結果オーライでダイエット

年齢を重ねると、特に女性は『あの頃』の現在よりも多少自身で美化された過去の自分の姿と比べてしまいますよね。
美化されている『あの頃』も当時は当時で少なからず、体形に不満があったもの。

しかし、痩せたいは女性の永遠のテーマ。
年齢と共に、知識や経験も増えるけど、身に付いて欲しくないのは二の腕、お腹周り、背中に至るまでの簡単につまめてしまうお肉ちゃん。

ほぼ、体の原形に変化が表れ日々好まない自身と向き合いながらも、口も肥えてしまった現在で食べる楽しみは奪われたくないと考えるのは当然。
かといって、「やっぱり運動よね~」といいつつ、やっぱりキツい。汗ダラダラで歯を食いしばりながらもムリ。

ダイエットを試みると、変化が気になるのが女心。長きにわたり蓄積され出来上がった今を、短期で結果を出そうとするから変化も見えず諦めスイッチにON。
でも、諦めきれずにほんの短い間のやる気とを交互に繰り返す。

年齢を重ねた女性が急激に痩せてしまうのは、最も不健康。それに、周囲の「何かあったの?」なんて少々面倒くさい心配もあったりして・・・
時間をかけた変化は、ゆっくり時間をかけて、自然に綺麗に楽しみながらでよいのでは?
不自然や全力、短期決戦は不健康。お金をかけたり、改めてダイエット目的に突起した何かを日常に加えると余分なことが増えた意識から、しんどい、面倒につながる。

ホルモンバランスや、心と体のバランスに負担をかけず、日常の中の意識を少し置き換えて過ごすことで知らない間に目標に達することが出来たら、結果オーライ。
嬉しくないですか?ゆっくり変化することで、無理なく大切な健康、美、バランス維持も出来る。
言うなれば、日常の意識置き換えダイエット!

家事も大事なエクササイズの強い味方にもなりますよね?
掃除機に窓拭きもしっかりやれば、二の腕に効きそう。洗濯物を干す際に洗濯物を取る時、冷蔵庫の下の段の物を取る時に立ったまま取らずにしゃがめば、屈伸運動にも。
洗い物してる時、女性得意の立ち話の間もほんの少し踵を上げて立ってみると、第二の心臓と言われるふくらはぎにも効果が・・・

一つの家事を終えるごとに、お腹が凹むくらいの深呼吸で息を全部吐き出すとドローイング効果でお腹周りにも、気分のリフレッシュにもいいかもしれません。

料理にも、更年期に備え必要なイソフラボン(大豆製品)を加えるなど、時間をかけて身に付いた知識や情報を活かしながらバランスや体にいいメニューをあれやこれや考えて頭の体操。スープひとつでも、簡単にキャベツ、セロリ、玉ねぎ、ピーマンとホールトマト缶にコンソメの素(カレー粉など、アレンジOK)だけで、1回作ればお鍋いっぱい2・3日は食べられる術前に医療でも実践されてる(闘病されてた知り合いに聞いた話ですが)燃焼スープもあります。発汗効果っもあって、冬の食卓にも活躍します。ショウガを入れたり、黒コショウお入れたりしても味に飽きがきません。食べるとポカポカしてきます。

テレビを見ていても、思い切り笑ってみる。新聞を読むときだって、声に出して読むなど、心と体にいい日常の意識の置き換えが、ゆっくり綺麗なダイエットにつなるはずです。

我慢や辛さを伴うダイエットは、楽しくなかった記憶の中のほんの短い間の喜びかもしれません。
肌が荒れてしまったり、健康を損ねることになったり・・・そんな無理は必要ないかもしれません。
心と体がしんどくならない日常を楽しみながら、自然に出た結果を喜びに・・・

029_r

すぐ増えるのになかなか減らない体重……

更年期を迎える年齢になってくると、ダイエットを試みても思うような成果が得られないとお悩みのかたも多いことでしょう。
50歳代の妻が実践した減量法をご紹介しますので、痩せにくくなってしまった原因を知り、無理なく続けられるダイエットに挑戦してみてください。

体重が減りにくい理由は、ホルモンと筋肉量、ストレスです

食欲を抑える働きがある女性ホルモン(エストロゲン)の急な減少により、空腹感が強くなります。
ホルモン減少に伴い、満腹を感じさせるホルモン(レプチン)も減ってしまうので、食欲が亢進してしまいます。 また、レプチンが低下すると内臓脂肪も燃焼しにくくなるそうですよ。

40歳以後筋肉量が減少してきますので、基礎代謝が低下します。 消費カロリーが少なくなるので、痩せにくい体になってきます。
更年期のイライラや、家庭や仕事でのストレスが増えてくる年代ですね。 精神的に疲れてくると、満腹中枢が正常に働くなり、空腹感が増しストレス食いの原因にもなります。

ダイエットのメインは糖質制限を採用しました

食事制限をすれば、確実に体重は減りますが、無理な減量はほぼリバウンドを伴います。 何度かリバウンドを経験している妻は、穏やかな減量に糖質制限ダイエットを選択しました。 夕食を中心に炭水化物を減らすだけなので、あまりストレスを感じずに続けることができました。

夕食は糖質を制限しますが、朝昼食はパンを4枚切りから6枚切りに変えたり、ご飯茶わんを小さくする程度のゆるいダイエットを続けました。

食事の質と運動にも少し気を付けましょう

女性ホルモンの低下を補うために、イソフラボンを含む豆腐や豆乳、大豆料理を積極的に摂ります。 良質なたんぱく質は、筋肉を増やすためにも必要なので、一石二鳥ですね。
ビタミン類やEPA、DHAなどもすすめられますので、食事やサプリメントから摂取しましょう。

料理は低脂質・高たんぱくになるよう気を付け、なるべく野菜から食べ始めて良く噛んで食事するようにしました。

運動を併用したほうが勿論効果的ですが、年齢的にもカロリー消費を期待しての激しい運動はむずかしいですね。 毎日続けられる、ウォーキングやストレッチ、体操を無理なく続けました。 雨の日や時間が無い時は、テレビを見ながら足踏み等のながら運動がよいでしょう。


1ヶ月1kg減を目標に、停滞期をのりこえて、半年で6kgのダイエットに成功しました。 その後も炭水化物を摂りすぎないように気を付けているので、リバウンドもありません。 辛いダイエットは挫折しやすいですが、今回の方法は無理なく、体重が減っていくことを楽しみながら続けられたそうです。

アスリートやアイドルに夢中になったり、大好きな趣味に没頭することも、女性ホルモンの分泌を促してくれるそうですので、ダイエット中の方にはおすすめですよ。 減量のストレスを紛らわす効果も期待できますし、なにより辛くないダイエットができるでしょう。

痩せにくいなら 痩せ体質にもっていけばいい

代謝自体が悪くなっているのは 分かってますが あまり食べなくなったのにもかかわらず 痩せないのは何故なのか…。最近本当に 切実に感じてます。

代謝が落ち、ため込み体質に変わったからだなぁ…と感じて痩せようと決めた時にはお腹がぽっこり(泣)
足腰にもガタがくる年になったので 積極的にウォーキング…という気持ちにもなれず、自宅で簡単に代謝を上げる事に取り組む事にしました。

代謝さえ若い時のように活性化する事ができれば、寝ていても痩せるんだから、と自分に言い聞かせ、多少面倒くさい事でも自分なりにやろうと決め、体質改善ダイエットをやってます。
サプリやドリンクなどを購入せず、食べ物から食物繊維や代謝アップの物を取り入れるように心がけています。

お惣菜を購入するにしても肉類はよほど食べたい時以外は避け、ひじきと大豆の煮物にしたりかぼちゃや芋類などの和食系を少しずつ何種類か買います。
単身なので 作ると費用がかさむので あえてお惣菜を利用することも多いのです。

野菜だけは購入し、生野菜サラダ特盛りをつくって食べます。ドレッシングもお酢とオリーブオイル、塩こしょうで特製のものを作り、食事の前にサラダにかけて食べます。
食べ順ダイエットのようなものですね。
まずは生野菜によって体の中に酵素を取り入れるイメージ。酵素は熱によって死滅しますので、温野菜は後回しにして、まずは生野菜から。

サラダ

次に食物繊維を多く含んだお惣菜をバランス良く食べる…これだけで支出をおさえながら、きちんと必要なものを取り入れてる事になります。

あと生姜をすりおろし。ティースプーン一杯分ずつを小分けにして冷凍しておきます。
これをお味噌汁やココア、紅茶やスープに入れて代謝アップをはかっています。

特に運動もせず、これだけを3年続けてきましたが 10キロ痩せましたし、腸内環境も改善される為、便秘知らずですよ。
色々な相乗効果も重なり、お肌もつるつるになったのもうれしいですね。

更年期からは「楽しむダイエット」

更年期からは楽しむダイエット

食事制限や激しい運動などダイエットのイメージには辛いモノも多いですね。

とはいえ、中年になってくると、今まで付いていなかったところの贅肉や、たるみが気になり出し、体重が増えやすくなってきます。

そのため、何かをはじめなければならなくなってくるのです。

私の場合、食事制限は辛いので、食材について考えてみました。

お腹イッパイ食べても太りにくい食材です。

調べてみると、豆腐・キノコ類・はるさめ・しらたきなど普段の料理に使われることが多い食材ばかりでした。

これらを活用して料理のレパートリーを増やしていけば良いのです。

同じ食材でも、違った調理の仕方で全く異なるものになり飽きさせません。

最近は、レシピを紹介してくれるサイトも豊富なので料理作りに困りませんね。

次に、運動について考えてみました。

運動なんて嫌い、そういう人も多いでしょう。

しかし、汗を流すことは一番早いダイエットといえます。

そこで私は、辛くない運動といわれている「スロージョギング」に着目してみました。

走るのが嫌い、年齢が高齢、そんな人たちも挑戦しているものです。

自分のペースで歩くよりちょっと早く走るだけです。

辛くなったら歩いても良いと決めて無理をしないで進むだけ。

目標地点を決めて、そこまで進みます。

その地点から家へ戻るという形です。

少しずつジワジワと汗がでてくることを感じるでしょう。

この運動を一週間に何回でも良いので実践してみることからスタートです。

この他に、ストレッチをプラスします。

ストレッチは朝行うとダイエットに効果があり、夜行うと快眠につながるといわれています。

ストレッチの内容は、自分で決めたパターンをしっかり五分ほどからでOK。

首・肩・腰などをほぐす気持ちで行うと気持ちが良いので習慣にすることは難しくないはずです。